at easeの新着情報・ブログ

Blogお知らせ・スタッフブログ

ダイエット脂肪燃焼を効果的にするには姿勢改善ストレッチが有効(動画あり)2021.01.27

ダイエットを効果的に行うには事前に動きやすい体を作るためにストレッチが有効的です。

ストレッチによって姿勢が良くなると胸郭が柔らかくなり、胸郭の中に存在する肺が膨らみやすくなり

運動中の酸素をたくさん取り込むことができ効果的にトレーニングを行え

また肩周りや鼠蹊部、股関節を動かすことで

一石二鳥でリンパの流れも促しデトックス効果も望めます。

以下に動画と文章を添えて紹介致します。

 

注意:肩関節が緩く脱臼癖ある方、痛めている方は控えましょう。

 

 

【用意するもの】

・スポーツタオルまたはバスタオル

 

A 肩抜きストレッチ

①正座でタオルを中指、薬指、小指で包みこみ牽引します
(正座が辛い方は立った状態でも構いません)

②息を吸いながら(in hale)手を上げて胸を広げ後ろに回す。

ポイントアドバイス

・吸う息で胸郭が膨らんでいることを確認

・肘を伸ばして行う

・肩が硬くキツイ場合はバスタオルで手幅を広げる or  手を頭上までにし動きを小さくする

①吐きながら(exhale)手を前に戻す

②繰り返し10回行う 

 

B タケコプター

①立位でタオルを中指、薬指、小指で包みこみ牽引します

②手を頭上に挙げて頭で水平に回す

ポイントアドバイス

・視線は前に残し、胸から水平に回旋する。(腰を安定させて胸を動かす)

2繰り返し20回

 

Ⅽ ダイアゴナル・ストレッチ

①正座、または膝立ちでタオルを右手を逆手で握り、左手を順手で握る。

②吸う息で右斜め上に腕を挙げながら右大胸筋ストレッチ

ポイントアドバイス

・吸う息で右の胸郭が膨らませる

・視線を前に残し、胸から捻じる

 ③交互に10回

D ステップダイアゴナル・ストレッチ

※ダイアゴナルストレッチのバリエーション

①正座、または膝立ちでタオルを右手を逆手で握り、左手を順手で握る。

②吸う息で右斜め上に腕を挙げながら右足を前に出して乗り込む

ポイントアドバイス

・前に出した足の上に膝がくる。乗り込みすぎず、開かない

・脚を前に出すときは骨盤の真ん中(仙骨)を前に押し出すイメージ

 ③交互に10回

以上が動画の説明です。

🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻🔻

トレーニングでボディメイキング諦めてませんか❓

♦️たった3回で効果を実感する パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニング、また整体&ボディケア♦️

🌈at ease パーソナルトレーニングジム → https://www.ateasetrainers.com/

at easeパーソナルトレーニングジムでは筋力トレーニングだけではなく、高齢者〜アスリートのケアを担当してるトレーナーがあなたの悩みを改善します‼️

ケアルームでは周りを気にせず ゆっくり整体&ボディケアが受けられます🤚

特にカウンセリングに力を入れておりあなたに合った改善方法をご提案します。

そしてご自宅でも出来る セルフメンテナンス(ストレッチや簡単な体操)もお伝えします🍀

他に行ってもあまり効果を感じれない方は是非こちらにお越し下さい💁‍♂️

TOP