at easeの新着情報・ブログ

Blogお知らせ・スタッフブログ

女性必見!あなたのダイエットの食事、本当にそれで正しいですか?2021.03.22

こんにちは!

トレーナーの若木です!

あなたはダイエットでしっかり結果が出ていますか?

この記事を読むと正しいダイエットの知識が身につき、ダイエット効果が変わります!

 

 

 

カロリー計算でダイエットの食事を管理するのはダメ!?

多くの方がカロリーを気にしながら食事をした経験が一回以上はあるはずだと思います。

 

「アブラはカロリーが高いから避けるべきだ」や「摂取カロリーをおさえて、消費カロリーより少ないカロリーを取ろう」など

間違いではありませんが、正しくもない。これはグレーな意見でしかないのです!

 

多く知られている知識として、脂質は1gあたり9kcal、糖質は1gあたり4kcal、タンパク質は1gあたり4kcal

ということは脂質はカロリーが高いから脂質以外の2つ、特に簡単に食べれる糖質を食べればいいんじゃねェーと

なるわけです。

 

こうなると最悪なダイエットの食事まっしぐらでございますwww

 

なぜかというと…

 

 

アブラはカロリーが高いから太るは誤解

アブラは太りません!

 

その根拠を簡単に説明していきますね。

 

 

まず、脂質をとると消化器官で消化・吸収されます

その過程で脂質は脂肪酸に変化します

そしてエネルギー源に変わる

 

少し補足すると、この脂質から脂肪酸に変化させるためには多くの工程が必要となるため、脂質から変化する脂肪酸はそれほど大量にできません。

また、脂肪酸は脂質から脂肪酸に変わるときに炭水化物を必要とします。

 

つまり、脂質を取っただけでは体脂肪にはならないわけです。

糖質を一緒に(多く)取ってしまうと脂肪に変わるのです!!

 

お分かりいただけましたでしょうか?

 

まとめると脂質はとってもいいですが、炭水化物(糖質)取りすぎると太るというここです。

 

アブラは身体にとって悪ではなく、取らなければならないもの。

 

むしろ糖質の取り過ぎが悪になるのです!!!

この話は後々していきます。

 

話を戻すと…

 

カロリーにばかり意識を向けていてはだめなのです。

なぜなら脂質だけを取ったとしても太ることはないからです。

 

むしろ脂質にはホルモンや細胞膜、核膜を構成したり、皮下脂肪として、臓器を保護したり、体を寒冷から守ったりする働きもあります。

 

また、脂溶性ビタミン(ビタミンA・D・E・K)の吸収を促すなど、重要な役割を担っています。

次回からは脂質は脂質でも何を取るべきか何を取ってはいけないのかなどの記事をお話ししていこうと思います。

 

では、また!

TOP